日本共産党世田谷区議団と懇談しました

6月19日(金) 15~16時  世田谷区 第4委員会室にて江口じゅん子区議、たかじょう訓子区議、中里光夫区議、川上耕一氏(区議候補予定)にお会いしました。

私どもからは、予算要望書の説明と、訪問助産師感染ガイドラインを追加配布した件をお伝えしました。加えて、被災した場合には乳児に哺乳瓶での人工乳の授乳が難しく、コップ等で授乳することを余儀なくされる状況や、福祉避難所に避難している妊婦さんが突然切迫症状(子宮の収縮や出血)を訴えることも補足説明致しました。また、おでかけ広場を担当している助産師から、性教育の実施を望む声が上がっている件についてもご報告しました。

区議の方々からは、以下の御意見・御質問を頂戴しました。

*アウトリーチ型の産後ケアを実施している自治体の有無

*養父母・里親・LGBTの方々に対する産後ケアのイメージがつきにくい

*2019年10月の台風19号における助産師の活動状況について

*今年度も審議している地域防災計画においてのマニュア

 ル作成などの提案

*コロナ禍において産後ケアセンターはどのように対応していたか

中里区議からは、高校の保護者の会で性教育絵本の紹介があり、親の意識改革の必要性を感じたとのご発言がありました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする